バイナリーオプションはギャンブルではない!立派な投資です。

バイナリーオプションは、FXをはじめようと思っている人なら誰もが目を通したことのあるものなのではないでしょうか。
実際、私もスマホ片手で始められるということからFXを始める前にバイナリーオプションに挑戦してみました。
バイナリーオプションはかけるレバレッジ数が各業者によって制限されているので投資初心者には始めやすいものだと思います。

これまでのFXのように自分でタイミングを計って売ったり買ったりすることもなく、上昇するか下落するかをどちらか一方を購入するだけで取引が完結します。
出典:バイナリーオプションの人気ランキングとバイナリー業者比較

バイナリーオプションで一気に大金を手に入れることは難しいですが、こつこつとお金を貯めていくことは可能です。
難しい取引や内容は全くなく、できる人ならば登録した日から始められるので、お小遣い稼ぎにはちょうどいいものです。
しっかりと考えて取引すると大きな損失を生んでしまうこともなく気軽にやることができるのがバイナリーオプションの利点です。
FXを始める前にデモトレードの感覚でバイナリーオプションに挑んでみることをお勧めします。
私は、バイナリーオプションで大きな失敗をしたことはなく、少ないですがトータルプラスの収益を獲得することができました。

バイナリーオプションが知られる様になるにつれ、様々な情報がインターネット上にも出回るようになりました。
「○○万円も儲けた」「○○分で○○万稼いだ」などという話もあれば、「あれはたんなる2択のギャンブル」という声も聞こえてきます。
私個人としては、「バイナリーオプションはギャンブルではない」という一点だけは声を大にして主張させていただきたいと思います。

「勝った」あるいは「儲けた」と言っている人たちは、確実に銘柄について下調べを入れています。それかいきなり参加はしていません。
その人たちなりにデータを積み重ね、根気強く投資を続けています。
少なくとも私の知る人たちはそうあります。

バイナリーオプションの取り扱い業者のサイトでは、説明に「二者択一」というように書かれていて、勝率が50パーセントのように錯覚を起こします。
慎重な人はそれ以上の勝率ですし、ギャンブル感覚の人はやはり50パーセントです。
同じ投資するなら勝ちたいものです。そのためには「バイナリーオプションはギャンブル」という感覚を捨て、勉強なりデータ集めをするべきだというのが私の持論です。

私がバイナリーオプションというものを知ったのは深夜のテレビ番組の特集でした。
その後WEBで諸々の情報収集をし、取引業者は比較サイトでもそれなりに評価のあったオプションビットにしました。
日本語でのサポートがついているというのも選定の大きな理由でした。

またFXと違ってロスカットというものもないですし、自分で金額を決めることをできるので、FX以上に安心して取り組めるなと思いました。
FXだと少し目を離している間に大きい値動きがあって大損をするというパターンを何回か経験しているので。
ただ、どうしても負けがこむと大きくかけたくなるのですが、その気持ちをできるだけ抑えて、1日の勝ち負けの額の上限をきっちり決めてやることが、長くできて勝つチャンスの秘訣になるのかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です